スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.08.14 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「ザ50回転ズ ロックンロールマジック」と、スーちゃんのこと。

    0
       発売から3日も経ってしまった。
      待ちに待った50回転ズのミニアルバムです。

      レコード会社を移籍して、さて、どんな音楽になったかな・・・と、わくわくしながら聞きました。
      で、感想なのですが、一言で言うと「すっきりしてる」。
      前は良い意味でガチャガチャした音楽だったんだけど、やっぱり大きいレコード会社に行くと違うねー。音がすっきり。
      少々寂しい気もしますが、でもずっと同じスタイルを続けていくバンドなんてないわけだしね。
      一皮剥けたということなのです。
      音はすっきりしていたけれど、50回転ズらしさはそのままだったので楽しかったです。(←小学生の感想みたい・・・)

      そして、このCDにはなんとDVDも付いています。すごいぜ。
      そしてなんとなんと、ライナーノートまでも付いてます。
      今までの50回転ズのCDにはなかったことだわ 笑



      -----------------------------------------------------------------


      そして、タイトルの「スーちゃんのこと」。

      スーちゃんは、よくこのブログに遊びに来てくれる秋田美人の女の子です。
      私は、50回転ズといえばスーちゃんのことも一緒に頭に思い浮かべてしまいます。
      それはなぜかというと、私が50回転ズのライブでスーちゃんをナンパしたから 笑

      2年前、50回転ズのライブに行った日。
      会場を間違え、間違えたライブハウスの従業員の男の子に正しい会場まで送ってもった私(すでにお酒を飲んでいた)。
      無事に会場には着いたものの、やや意気消沈している私の前に「毛皮のマリーズ」のTシャツを着たかわいい女の子が通った。
      それが、スーちゃん。
      かわいいなー。一人かなー。話しかけちゃおうかなー。どうしようかなー。
      と、脳内で迷うこと数秒(完全にナンパの心理。)、すぐに「一人で来たんですか?」と、話しかけてしまいました 笑
      見かけのとおりスーちゃんは中身もとてもかわいい女の子で、少し話しただけで正義感があって好きなものにまっすぐ進める人だとわかりましたよ。
      会話の中でミクシイの話になり、「もしかして、カカトさんですか?」と、気がついてくれました。
      あの時は嬉しいような恥ずかしいような、なんだか不思議な気持ちになったなぁ。


      あれからもう2年も経ったのねー。
      毎年かっこよくてかわいい年賀状をくれるスーちゃん。
      あの日思い切って話しかけた自分を超褒めたい!
      またどこかで会えたら嬉しいな。

      CDを買いたい。

      0
        増子直純
        インペリアルレコード
        (2010-03-03)

         タイトルのとおりです。
        CDが欲しい。CDを買いたい。
        欲しいCDが発売されているのに買えないこのつらさ。

        買いに行けないからAmazonでポチッとすればいいやー。と、思っていたのに売り切れですよ。
        売り切れなんですよ。
        欲しいよう。

        あっという間の3月です。
        そして今日はもう金曜日。
        早いね、早いよね。

        明日も仕事なのでまたCDは買えず。
        いい音楽を聴いてすっきりしたい。

        私たちは世界です。

        0
           蚊に刺されまくっています、カカトです。こんばんは。痒い。

          昨日、「We Are The World」の映像を観る機会があり、「よし、歌ってる人の名前を全部言ったる!!」と意気込んで、じっくりと腰を据えて映像を観ました。

          最初の方は順調に・・・いっていたのもつかの間、どうしても3人の名前がわからない。何度見てもわからない。

          私は自分に厳しいほうではないので、すぐに答えを見ました。ははは。最初の意気込みはどこへやら。
          答えはこちらです↓



          うーん、はっきり言って答えを見てもピンときませんでした。
          と、いうことは、私はこの人たちをもともと知らないんだよね。

          わからなかった人たちは、
          Al Jurreau
          Kim Carnes
          Steve Perry
          です。有名なんだろうなー・・・。

          もやもやした気持ちが残りましたが、マイケルはかっこよかったし、ボブ・ディランもかっこよかったし、なによりこの豪華なメンバーがチャリティーで集まるというのがすごいよなーと、感動しました。改めて。

          もうこのメンバーで集まることは絶対に無理なのだものね。


          キング・オブ・ポップ

          0
             私が小学校四年生の時、マイケル・ジャクソンの「ムーン・ウォーカー」という映画を観ました。
            たぶん、テレビで放送していたんだと思う。
            レンタルとかしたおぼえはないので。
            別に観ようと思って観た訳ではなくて、たまたま観ただけだと思います。

            その映画は、とんでもない内容の映画で、前半の一時間はただただマイケルの名曲がダイジェストで紹介されるというもの。
            そして、後半は悪の麻薬組織と戦うために、マイケルがスポーツカーになったりロボットになったり、最後には戦闘機になってどっかに飛んで行ってしまうというストーリーで、マイケルは歌手だかなんだかわからない、その前に人間だかどうかもわからないと、いう奇抜な内容でございました。

            しかし、小学校四年生の私には、それがものすごく衝撃的だったのです。
            マイケル・ジャクソン!名前は知っていたけど、こんなにすごい人だなんて!!と、思ったわけですね。
            すっかり彼のダンスに魅了されました。
            せっせとCDを集め、ビデオやDVDを買い、カレンダーや切抜きを集めました。
            彼のダンスと歌のすべてを所有し、目や耳に焼き付けたかった。

            それから、20年。
            私はずーっとマイケルのファンでした。
            最近の彼は、才能よりも奇行や容姿の方が目にいきがちでした。残念なニュースも多かったし、そういうものを見ると多少はがっかりもしました。
            だけど、私の心の奥には小学校四年生の私がいて、あのときの感動や衝撃を覚えているのです。
            曲を聴けば自然と気持ちも盛り上がり、DVDを観ればすべてそっちのけにしてテレビの画面に向かってしまう。
            31歳の私は、マイケルに関しては小学校四年生の頃からなにも変わりません。

            その彼が死んでしまいましたね、突然に。


            「偏見を持つのは、無知だから」
            いつかマイケルがこんなようなことを言っていたと思うのだけど(うろ覚え)、常にこの言葉を頭の片隅に置くようにしています。
            よく知りもしないことを、一部分だけを見て決めつけるのはよくない。


            私が特に好きな、エド・サリヴァンショーのJACKSON5。
            みなぎる才能が、とてもまぶしいです。



            清志郎 フォーエバー

            0
               清志郎


              清志郎が死んでしまった。

              今朝、このニュースを見てとても悲しくなりました。

              中学生・高校生の頃は、RCサクセションとタイマーズの音楽と共に息をしていた。
              清志郎の音楽は、いつもいつも刺激的だった。
              彼自身は、いつもいつもかっこよかった。
              そして、チャーミングだった。

              「清志郎の歌の中で、何が一番好き?」
              と、聞かれると、答えることが出来ない。
              一番を決めるには好きすぎるから。

              でも、
              「あなたにとって、一番好きな『ラブソング』とは?」
              と、聞かれたら、私は間違いなく
              「RCサクセションのスローバラード」
              と、答えます。
              私にとって、「ラブソング」といえば、「スローバラード」なのです。




              清志郎は、誰かを愛する事、誰かに愛される自分でいることの大切さを教えてくれた。

              「愛し合ってるかーい。」

              ビックリ!!

              0
                ザ50回転ズ,ダニー,ドリー,ボギー
                ワーナーミュージック・ジャパン
                (2009-01-28)

                 ついに出た。
                待ちに待ってたよー。
                50回転ズの3枚目のアルバムです。

                まったく退屈しないアルバム。
                おもしろかった。曲の感想としてはおかしいかな?

                曲を聴いていると、「これはあのバンドをモチーフにして作ったのかな?」なんてわかって、懐かしい気持ちになったりします。
                でも、そのなかに50回転ズらしさももちろん見えるので、懐かしいけど新鮮な感じもする、味わい深い仕上がりとなっております。
                ま、とにかくかっこよいのです。
                かっこいいの一言に尽きます。
                とことん飽きるまで聴きたいと思います。


                このCD、私が欲しい欲しいと騒いでおりましたら、うちの旦那さんが買ってくれました。
                なんと、クリスマスプレゼントだそうで。

                あのー、キリストの誕生祭は一ヶ月ほど前に終わっておりますが。
                もっと言うと、あと一ヶ月ほどでわたくし誕生日ですが。
                なのに、なぜクリスマスプレゼントなのか・・。
                しかし、クリスマスプレゼント自体、もらうのは数年ぶり(思い出せないくらい昔だ)。
                なので、黙って受け取ることにしましょう。
                ラッキー。


                選曲ミス

                0

                  なかにし礼,永六輔,平尾昌晃,川口真,高橋俊策,藤田まさと,旭六郎,野村俊夫,若杉雄三郎,萩原哲昌
                  EMIミュージック・ジャパン


                   明日は今年最後のゴミの日なので、今日は大掃除に燃えました。
                  あらゆるものを捨ててやろう。
                  これはちょっと捨ててはまずいのでは?って思うものも捨ててやるくらいの気持ちでいこう。
                  と、並々ならぬ気合で臨みました。

                  家事に気合を入れるとなると、当然音楽にも気合が入る。
                  今日はちょっと志向を変えようと思い、奥からいろんなCDを引っ張り出した。
                  (片付けになってないのではないか。という指摘は置いておいて・・。)

                  ユニコーン、映画のサントラ数点、ブルーハーツ、エグザエル、ミスチル・・・。
                  普段はあまり聞かないものや、まだ耳に馴染んでいないものを中心に聴きました。
                  挙句の果てには(上記のCD)ザ・ドリフターズまで聴いちゃったよ。

                  いや、CD持ってるほうも持ってるほうなんだけれども。
                  しかし、ここではっきりと宣言します。

                  ドリフの音楽は家事には向いていません。

                  どうしても耳がそっちに集中して、手がとまってしまう。
                  東村山音頭なんて、聞いてて笑っちゃうしね。
                  ふざけた替え歌をすばらしいハーモニーで歌っちゃうしね。
                  そんな感じで全然はかどりませんでした。ははは。

                  教訓 家事に集中したいときは、ドリフターズは避けるべし。

                  ちなみに、こちらのCDは青盤もあります。
                  ビートルズと一緒です。

                  編み物ソング

                  0
                     私は、家事をするときに音楽をかけなくてはやる気にならない・・という習性がある。
                    掃除系のときは、元気の良い音楽。
                    料理系のときは、洋楽。
                    など、自分なりの「家事中の音楽哲学」のようなものがあるのです。

                    で、最近編み物のときに聴いてるのは、KT tunstall。
                    彼女、とてもかっこいいのですよ。





                    このように、KTは一人で演奏し、一人で歌うというスタイルが特徴です。
                    基本、ギターかき鳴らし系に弱い私には、非常にツボ。
                    かわいくもあり、かっこいい。

                    KTは、映画「プラダを着た悪魔」の主題歌も歌っています。





                    結構な音量で音楽をかけているので、きっと家族は迷惑だろうなー。
                    でも、人間だもの。人それぞれ、ひとつくらいはそういう習性ってあるよね?ね?
                    私にはもうひとつ譲れない習性があって、雨とか曇りとか天気の悪い日には朝からお風呂に入って出てきたくなくなる・・・と、いうのがあります。
                    さすがに働き始めてからは我慢してるけど、これも家族は迷惑だったことでしょう。
                    ごめんねー。

                    でも、我慢し合っての家族だよね!(無理やりなまとめ)

                    プリンセスプリンセス

                    0
                       先日、「ザ50回転ズ」のライブに行ってきた。

                      チケット


                      その日は朝からライブの事を考えて興奮し、家事にも身が入らず仕事もうわの空(ごめんなさい)、しかも「久しぶりのライブだし、ノリについていけなかったらどうしよう。若者ばかりで邪険にされたらどうしよう。」などなど、いらない心配してばかりいました。

                      で、頭の中を余計なことで埋めていたら、案の定、大きな失敗をしてしまいました。


                      ライブ会場間違えた。


                      同じ系列の、別のライブ会場に来てしまった。
                      慌てたよねー。
                      開演まであと30分くらいだったし、まず正しい会場の場所がわからない。
                      どうしたものかとウロウロしていたら、ドアからスタッフの人が出てきた。
                      (この人は私と顔を合わせたとき、「うわ!」って叫んだんだよね。まさか人がいるとは思わなかったんだろうけど、失礼ではないか。と、思う。)

                      そして、その人は私を見てすべてを悟ってくれたようで、
                      「よかったら、送っていきましょうか?」
                      と、声をかけてくれた。

                      うれしい!!ラッキー!
                      会場間違えた事はアンラッキーだったけど、結果的にラッキー!
                      と、思って、その言葉に甘える事にした。

                      車に乗ると、大きめの音でスピーカーから流れていたのは、プリンセスプリンセスの曲。
                      「ファンなんですか?」
                      と、尋ねたら、
                      「いいえ。これ上司の車なんですよね。て、いうかこれ誰ですか?」
                      と、逆に尋ねられた。

                      そうか、若い子は知らないのね・・。
                      と、ジェネレーションギャップを感じたのだけれども、信号待ちの間、彼の指はリズムに合わせてハンドルを叩いていた。
                      気に入った様子。
                      良い曲、たくさんあるもんね。技術も高いしね。

                      「M」と「ダイヤモンド」の2曲を聞き終わったころ、正しい会場に着いた。

                      別れ際、「楽しんでくださいね。」と、声をかけてくれた。
                      親切にしてくれてありがとう。
                      次は間違えないように気をつけます。

                      それ以来、なんとなく家でもプリンセスプリンセス聴いてます。
                      もちろん、50回転ズも聴いてるけどね。
                      (飛んだり跳ねたり、ライブで騒いだ結果の)筋肉痛も、だんだんと痛くなくなってきて、ライブの興奮も落ち着きつつあるけれど、プリンセスプリンセスを聴くと50回転ズのライブの事を思い出す・・・という、変な条件反射が身につきました。

                      ちなみに、私がプリンセスプリンセスで一番好きな曲は、「19 GROWING UP」です。
                      元気でるよね。




                      1

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      ようこそ

                      ブログパーツUL5

                      カカトの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • データに限らないのだけれども
                        levis outlet
                      • データに限らないのだけれども
                        fitflop sale
                      • 親子読書感想文
                        yeezy boost 350
                      • 本「ふしぎな図書館」と、娘の家出。
                        mihara
                      • 本 「マザーズ」
                        カカト
                      • 本 「マザーズ」
                        マッシュ♪
                      • 本 「マザーズ」
                        mihara
                      • 絵本 「まないたに りょうりを あげないこと」
                        カカト
                      • 絵本 「まないたに りょうりを あげないこと」
                        mihara
                      • 復興を祈念して。
                        カカト

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR