スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.08.14 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    心のバランス 読書編

    0

       「実生活であまり感情のブレが出ないようするために、物語に入り込む時期」が、時々私にはやってきます。
      物語を読んでいろんな事を疑似体験する事で、現実生活ではバランスをとっていられる。と、いうような感じです。
      私があまり「ハッピーエンド」なものを、本でも映画でも好まないのはそんな理由もあるのかもしれません。
      暗い体験は、疑似体験で済ませてしまおう。みたいなね。

      最近読んだのはこの2冊。

      「プリンセス・トヨトミ」は、今をときめく(?)万城目学さんの本だという理由と、テレビや鈴之助さんのブログで紹介されていたことをきっかけに興味を持ちました。
      うおおお、大阪にはこんな秘密があったとは。
      なるほど、大阪特有の、独立した一体感はこのせいだったのか。
      と、フィクションなのに妙に納得してしまった。
      読みやすいし、飽きさせない。そして、面白い。
      話題になるだけありますね。


      「わたしを離さないで」のカズオ・イシグロさんも、気になってはいたけれど今まで読めなかった作家さんです。
      この本は壮絶でした。
      読み進むにつれて次々と明らかになっていく事実の展開は、唸ってしまうほど見事。
      主人公の語り口調で進められる物語は、まるで実際に体験した出来事のようにリアルで、その壮絶なエピソードに、胸がぎゅーっと締め付けられるようでした。
      こちらもおすすめ。


      こんな風に、不思議な物語や、悲しい壮絶な物語を読んで、私自身の負の感情を処理しながら生きてます。
      仕事が始まってそろそろ一ヶ月になりますが、仕事の忙しさを家族や友人にぶつけないためにも、読書や映画は必要なのです。
      このブログも、そんな私の負の感情を吐き出す良い材料になっています。
      読まされるみなさまにとってはたまったものじゃないかと思いますが(すみません)、そんないろんなもののおかげで私は今日も元気です。


      おまけ

      本たち


      この2冊の本と一緒に借りた、娘の「きかんしゃトーマス」


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.08.14 Tuesday
        • -
        • 22:03
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
         はじめてコメントします。 緊張するわ。
         いつもカカトちゃんの頑張りをこっそり覗き見してます。
         上の本私も読みました。二冊とも。
         本の世界は日常の色々を忘れさせてくれます。
         
         またおもしろい本があったら教えてね。
        • こもも
        • 2009/05/11 10:18 PM
        うわお。リンクまでありがとうございます。
        実はプリンセストヨトミまだ読みかけです(笑)
        私を〜はホント読後感ずっしりですよね。
        悼む人も私は疲弊しましたが読書したーって気持ちになりました。

        関西つながりで
        阪急電車 有川浩
        も読みかけです。
        これもなかなかです。

        トーマスはうちも夢中です。アンパンマンといいなぜに一瞬で子供を引き付けるのか。
        ミッキーマウスマーチもうたいだし、キャラクターものの威力にビビってます(笑)
        • 鈴之助
        • 2009/05/12 8:54 AM
        >こもも
        いらっしゃい!
        いつもこっそり見てくれてありがとう。
        そして、緊張しながらもコメントしてくれてありがとう。

        こももとゆっくり本の話でもしてみたいわー。
        気がつけばずいぶん遠くに離れてしまった・・・。
        こももは昔から読書家だもんね。
        こちらこそ、面白い本教えてちょ。


        >鈴之助さん
        仕事を始めてからは、あえて「読書の時間」を作らないと本が読めなくなりました。
        時間の使い方が下手なので、なかなか読み進められません。
        上の二冊も、かなりの時間がかかりましたよ(笑)

        有川浩、読んでみたい作家さんです。
        SFものは、しばらーく読んで無いので、どっぷり浸かってみたいです。
        今は山下貴光を読んでます。
        若い作家さんって、みずみずしくていいですよね。

        うちもミニーマウスにはまっており、身に付けるものは赤かピンクしか嫌。という、面倒な状態になっています。
        ツボにはまる何かがあるのでしょうね・・・。
        • カカト
        • 2009/05/12 7:05 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        ようこそ

        ブログパーツUL5

        カカトの本棚

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • データに限らないのだけれども
          levis outlet
        • データに限らないのだけれども
          fitflop sale
        • 親子読書感想文
          yeezy boost 350
        • 本「ふしぎな図書館」と、娘の家出。
          mihara
        • 本 「マザーズ」
          カカト
        • 本 「マザーズ」
          マッシュ♪
        • 本 「マザーズ」
          mihara
        • 絵本 「まないたに りょうりを あげないこと」
          カカト
        • 絵本 「まないたに りょうりを あげないこと」
          mihara
        • 復興を祈念して。
          カカト

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR